Word

Word

レベル 1・・・・中学1年レベル(英検5級)

レベル 2・・・・中学2年レベル(英検4級)

レベル 3・・・・中学3年レベル(英検3級)

レベル 4・・・・高校1、2年レベル(英検準2級)

レベル 5・・・・高校3年レベル(英検2級)(TOEIC680点以上)、センター試験の98%の単語が分かる。

レベル 6・・・・高校3年レベル(英検2級)(TOEIC780点以上)、英検2級問題の95%の単語が分かる。

レベル 7・・・・大学1年レベル(英検準1級)(TOEIC820点以上)

レベル 8・・・・大学2年レベル(英検準1級)(TOEIC860点以上)、英字新聞の95%の単語が分かる。

レベル 9・・・・大学3年レベル(英検1級の低レベル)(TOEIC900点以上)

レベル 10・・・大学4年レベル(英検1級の中レベル)、英文雑誌を読める。

レベル 11・・・大学院レベル(英検1級の高レベル)(TOEIC満点)

レベル 12・・・社会人レベル(英検1級の最高レベル)、英文雑誌の約98%の単語が分かる。

これは目安です。

Word

多くの人が英単語の記憶に挑戦して、その結果、経験的に導き出した単語の暗記方法の基本を紹介します。 このやり方が絶対正しいというわけではなく、効率がよく、多くの人に実証された方法です。

  • まずは単語集を一冊だけ買い、ざっと最後まで目を通すという作業を5回繰り返す。
  • わからない単語だけ「正」の字を一本ずつ書いていく。
  • 無理をして単語集を100%暗記しなくても、90%で十分と考える。
  • 暗記の時は覚えることに集中する。
  • 記憶は時間をあけて認識した回数できまる。ざっとを繰り返すことが大事。
  • 「短期記憶」から「長期記憶」に移行する睡眠の直前に暗記作業をする。
  • イメージ化して覚えるようにすると良い。グーグルのイメージ検索を使って英単語を検索して覚える。
  • 最後まで覚えれなかったものは、英単語暗記カードを作って覚える。
  • 復習のタイミングは1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後とする。
  • 英単語は用例を暗記するようにする。
  • 英単語の発音はネイティブの発音を聴いて覚える。
  • 椅子に座って覚えるより、運動しながら覚える。
  • 語源を覚える。
  • 意味を見る前に例文で英単語を推測する。
  • カードを作ったり単語を書き出すことは極力しない。
  • 必ず例文がのっている英単語集を選ぶようにする。
  • リスニング力アップには、VOAを聞きながらスクリプトを読み、音読して、脳に言葉として認識させる。
  • 英会話では必ず2つ以上のセンテンスを続けて話すようにする。
ユーザー登録
  • 無料で登録できます。
  • 厳選された12000の英単語をレベル別に覚えることができます。
  • 忘却曲線を採用し、英単語を効率的に記憶に定着させることができます。
  • 英単語だけではなく、例文も一緒に覚えることで忘れにくくなる。
user
英単語アプリ
英単語12000-TOEIC・英検
update


更新情報
androidスマホアプリを公開しました。(2012/12/01)
公開しました。(2011/05/01)